お口の中の悪玉菌を減らしましょう!

1 プラークコントロールとは?

●歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク

 プラークは、歯の表面についている場所によって、歯ぐきを境として歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークとに分けられます。


 歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークでは、どちらが体に悪い影響を与えると思いますか?
実は歯肉縁下プラークの中の細菌は、歯肉縁上プラークと比べてより体に悪い毒素や酵素を作り出すのです。




2 プラークコントロールのしかた

●患者様と私ども歯科医師、歯科衛生士のチームワークで

 プラークコントロールには、患者様が自分で行うセルフコントロールと、歯科医師・歯科衛生士が行うプロフェッショナルコントロ−ルとがあります。
 両方とも大切ですが、プラークは毎日の食生活で付着します。そこで、まず第一に口腔清掃を毎日十分に行い、プラークコントロールすることが重要です。
 そのうえで、患者様がプラークを除去しにくいところや除去できないところ(歯と歯ぐきの間など)を私たちが清掃し、管理いたします。





3 歯周病

●歯周病の原因はお口の細菌です

 プラーク(歯垢)は、歯の表面についている場所によって、歯ぐきを境として歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークとに分けられます。


健康な歯ぐき

プラークの細菌の量が少ないと、体を守る免疫の方が強く、健康なお口でいられます。


歯肉炎

プラークの細菌の数が増えると、細菌の持つ毒などが引き金となり、歯肉に炎症が起こります。


歯周炎

歯肉炎がさらに進んで歯を支える骨(歯槽骨)にまでおよぶと、歯周炎となり、歯の支えを失っていきます。その結果、歯から動揺をはじめ、移動したり、抜けたりしてしまいます。



閉じる